WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用【口コミ・評判】



WealthNavi(ウェルスナビ)で資産運用【口コミ・評判】


ウェルスナビ(WealthNavi)は、話題のロボアドバイザーの力を借りて、国際分散投資をすることで、投資初心者こそ行うべき10年・20年といった長期的視点での資産を運用します。


世界の富裕層や機関投資家などの一部の特権を持つ人間だけが享受してきた高度な金融アルゴリズムによる資産運用をロボアドバイザーを通して普通の人が利用できるようになりました。



ロボアドバイザーは、人工知能により自動で投資を学習し、投資商品を選定、資産配分をし、運用し、リバランスします。資産運用会社からの手数料や広告料を受け取っていないので中立的な立場で最良の投資対象銘柄を選定します。難しいことはロボアドバイザーが考えてくれます。人間が投資で失敗するのは感情があるからです。ロボアドバイザーは感情に左右されず冷静に目標を達成していきます。

世界約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで世界経済の成長率を上回るリターンを目指します。


ロボアドバイザーの人工知能は、ノーベル経済学賞受賞者ハリー・マーコビッツ氏の「ポートフォリオ理論」をベースとした世界水準のアルゴリズムを採用。

WealthNavi(ウェルスナビ)が国際分散投資をするのは、低成長の日本では期待できない高成長の世界に投資することができ、また相場が下落したとき、資産へのダメージを軽減することができるからです。

そして上場投資信(ETF)を投資対象にするのは世界中の様々な資産を対象にでき非常に多くの銘柄に低コストで分散投資が可能であり、長期運用に向いているからです。リスク許容度に合わせて最も期待リターンが高いものを選択するポートフォリオ(組み合わせ)になります。


ウェルスナビの手数料は預かり資産の年率1%(税抜き)のみ。普通資産を運用してもらうと年率2~3%の手数料がかかります。手数料は預かり資産の1%ということで、WealthNavi(ウェルスナビ)と投資する人の利害が完全一致。最低投資額は100万円で、国際分散投資を自動運用します。さらに預かり資産が3000万円を超えると年率0.5%(税抜き)の割引手数料になります。売買手数料、入出金手数料はありません。上場投資信(ETF)の購入・売却やリバランスの為替手数料、為替スプレッドもありません。


WealthNavi(ウェルスナビ)では他に3つの初めてがあります。リバランス機能付き自動積立は日本初、アルゴリズムによる節税機能も日本初、リアルタイム入金はロボアド初です。


WealthNavi(ウェルスナビ)の資産を守るしくみは以下の通り。すべての通信に256bit SSL通信方式を採用、データを暗号化しています。ETFを世界最大規模の証券保管機関(DTC)に保管・管理し、現金部分は三井住友銀行に信託することで分別管理することで万が一破綻しても現有資産は保護されます。それでも万が一分別管理に不備があり、現有資産が返還されない場合、日本投資者保護基金が1000万円まで補償します。


WealthNavi(ウェルスナビ)はSBIグループとの業務提携発表、メガ三行のVCによる出資、ベンチャーコンテストでグランプリ受賞(RISING SUN EXPO 2016)するなど、フィンテック業界で大いに期待されているロボアドバイザーです。

サービス開始から8ヶ月で1万口座以上の申し込み、預かり資産は75億円になっています。

競業のロボアドバイザー「THEO」が1年かけて50億円を集めたのに比べ、驚異的なスピードです。


期待のソーシャルレンディング「みんなのクレジット」が行政処分を受けたため、投資初心者がとっつきやすいのはロボアドバイザー「ウェルスナビ」だけです。


WealthNaviスタート!キャンペーン実施中により、通常100万円からの資産運用のところ、30万円から資産運用が可能になります。

また、最大3ヶ月間手数料の半額をキャッシュバックします。


↓↓↓WealthNavi(ウェルスナビ)公式・招待サイト↓↓↓



>>ウェルスナビ<<



↑ PAGE TOP